スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッグ・フィッシュ

2003年/米
監督 :ティム・バートン
出演 :ユアン・マクレガー
   アルバート・フィニー
<あらすじ>

エドワードは自分の人生を、常にロマンティックなおとぎ話のように語る。魔女や巨人、そして村の伝説だった“大きな魚”と出会い─。誰もが彼の話を楽しみ、彼を愛していた。ただ一人、ジャーナリストになった息子ウィルを除いて…。子供の頃は父の話に夢中だったウィルも、今は父の本当の姿を求めていた。だがその思いをぶつけても、エドワードは一向に事実を話そうとしない。しかたなくウィル、ホラ話に隠された父の人生を探り始める。


暖かい映画でした。「フォレスト・ガンプ」を観たときのような、暖かい気持ちになれた映画でした。
父は楽しい話をする、誰にでも好かれる人間。でも息子はそんな父親を「ホラ吹き」だと言って好きになれない。この気持ちも分かりますよ。家にあまりいないし、帰ってきたと思ったらホラ話ですよ。やっぱり子どもとしてはイヤだろうな。「うぜ~よ」みたいな感じになってしまうかも。
たぶん、たとえ同じことであっても聴く人が楽しめるように、という気持ちなのかな。みんなに幸せになってもらいたいって思っているような人物だから。本当のことは調べれば分かること。ならば自分は楽しく語って聞かせたい。素敵な人です。
出会った人々を愛し、そして愛され、幸せにしていく。こんな人生が送れたら最高ですね。葬式でも、みんな悲しむというよりは、エドワードの思い出話に花を咲かせて見送っている、っていう印象を受けました。

父の若いころを演じた、ユアン・マクレガーもよかった。なんだか、オビ=ワン以外で観たのは久しぶりな気がする・・・「トレイン・スポッティング」以来のファンです。

温かい気持ちになりたいときにどうぞ。オススメです。
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
B0001GY9Q4ティム・バートン ユアン・マクレガー ヘレナ・ボナム・カーター

おすすめ平均
starsやったね、ティム・バートン。
stars全ては水の中へ...
stars日々はおとぎ話に満ちている
stars独特なイマジネーション
stars親父を想う。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

- 2 Comments

silver  

いい映画ですよね♪

この映画、転勤して、ここの小さな映画館で、見たのですけど・・・。
とっても、映像が綺麗で、ファンタジーに、ぴったり・・・。しかも、あの水仙を、いっぱい背にしたお父さんが・・・。とっても、素敵♪花の香りが、香ってきそうな映像でしたね~♪TBさせていただきます。m(__)m!!

2005/10/31 (Mon) 10:44 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

水仙のシーン

あの水仙のシーンで、やっぱりティム・バートンだなって思いました。
とっても綺麗な色で、空も真っ青。
ティム・バートンの色ですよね。

2005/10/31 (Mon) 18:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・フィッシュ
  • 《2004年の映画》タイトル「ビッグ・フィシュ」・・・★★★☆観た日にち2004年5月映画館監督:テイム・バートン出演:ユアン・マクレガーメモ:「ビッグ・フィッシュ」公式サ
  • 2005.10.31 (Mon) 10:46 | シルバーの映画日記
この記事へのトラックバック
  •  映画『ビッグ・フィッシュ』
  • 原題:Big Fish  -父と息子のファンタジーワールド- ティム・バートン監督の最高傑作といって間違いないと言いたい。ファンタスティックな感動作品で文句の付けようもない。ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール)の結婚
  • 2005.11.01 (Tue) 01:53 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。