スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグヴィル

製作年 : 2003年
製作国 : デンマーク
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
出演:ニコール・キッドマン
   ポール・ベタニー
   クロエ・セヴィニー
   ローレン・バコール
   ジェームズ・カーン
   パトリシア・クラークソン

山あいの小さな村ドッグヴィルにひとりの女・グレース(ニコール・キッドマン)が逃げ込んでくる。どうやらギャングに追われているらしい。村一番のインテリを自負し、人々を正しく導くことに情熱を燃やすトム(ポール・ベタニー)は、素性の知れない彼女をかくまうことを住民たちに提案する。グレースを受け入れる条件は、2週間で彼女が村人全員から気に入られること。閉鎖的な人々と打ち解けようと、グレースは肉体労働を申し出て必死に尽し始める…。


Gyaoで観ました。いいですね、アレ。好きなときに観れるから。
ちなみに、知らない人のために言っておくと「Gyao」っていうのは、USENが運営するブロードバンド放送。パソコンテレビです。無料(^-^)V映画とか、昔のアニメとかドキュメンタリーとかライヴとかいろいろあります。面白いですよ。

さて、本題。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督の作品ということですが、「ダンサー~」は観てなくて、観た友達からは「なんか暗い気持ちになる」って言われてたので、この作品も躊躇してたんですが、床に建物や道路を表す白線を引き最小限のセットで作られた「村」という舞台に惹かれまして、観てみました。

この作品もいや~な気分になるというか、途中から人間の嫌な部分、あまり見たくない部分をこれでもかこれでもかと描いていくんで、確かに暗い気分になったんですが、誰でも多少はある気持ちとか、エゴの部分だとか、シンプルなセットも相まって割と正面から観ることができました。
あのセットも面白いですね。本当なら壁で見えない部分が見えちゃってるから、家の中で大変なことが起こっていても、外では何事もなく普通にしているというのが良くわかって、そんなところも怖いなって思いました。人間の二面性というか、ね。

そして、二コール・キッドマンが美しい。
割とああいうクールビューティーな顔が好きなんで、今までも「綺麗だな」とは思っていたんですが、この作品でのキッドマンは、もうホントに「美しい」。完璧な美しさ。あんな人が突然村に現れたら、あんなことしてしまうのも理解できないわけではない。人間ですもの。でも、やっちゃいけません。そこは理性です。人間の尊厳を尊重しましょう。

最後に関しては、賛否両論あると思います。
僕も複雑な気持ちです。
「人間として」ドッグヴィルの人々のしたことはよくないことだと思います。だからといって、グレース(キッドマン)のやったことも良くはない。犯罪ですし、「人間として」やってはいけないことだと思います。
しかし、グレースの気持ちも分からなくもないです。あれだけ人間性を奪われるようなことをされたんですから。観ててスカッとしてしまったことも否定しません。
人間てなんだろう?ってなことを考えさせられる作品でした。

この「ドッグヴィル」は『アメリカ三部作』の第一弾だそうで、第2弾として「マンダレイ」が公開されます。ドッグヴィルを去ったグレースのその後の物語。今度は奴隷制度です。差別についての作品なんでしょう。グレース役はブライス・ダラス・ハワード。「ヴィレッジ」のあの女優さんです。もちろんセットもアレ。観てみたいです。

『マンダレイ』オフィシャルサイト

ドッグヴィル プレミアム・エディション
ドッグヴィル プレミアム・エディションニコール・キッドマン ラース・フォン・トリアー ポール・ベタニー

おすすめ平均
stars演劇とか文学とか
stars映像に引き込まれる!!
stars殺しちゃイカン、死んだらアカン
starsニコール・キッドマンはじめ脇役達の名演故の不快さ
stars救いのない苛立ちに

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

- 1 Comments

silver  

借りてきました♪

この作品、見ようか・・・。迷ってたので・・・。ちょうどよかった~。ここを、読んで・・・。借りてきました~♪(*^。^*)

2006/02/09 (Thu) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。