スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE FOREVER

LIVE FOREVERLIVE FOREVER
ドキュメンタリー映画 ジョン・ドウワー ノエル・ギャラガー

メディアファクトリー 2004-11-26
売り上げランキング : 5,399
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

90年代イギリスで起こった「ブリットポップ」(死語)のムーブメントや当時のイギリスのカルチャーについて、当事者たち、 ノエル・ギャラガー(oasis)、リアム・ギャラガー(oasis)、デーモン・アルバーン(blur)、ジャーヴィス・コッカー(PULP)、3D(MASSIVE ATTACK)、ダミアン・ハースト、オズワルド・ボーティングなどが語るドキュメント。
この時代、まさに僕はイギリスの音楽にドップリの時代だったので、流れる曲と共に興味深く観ました。映画『トレイン・スポッティング』なんかもこの時代ですね。あの映画にもブリットポップがふんだんに使われていました。大好きな映画です。

一番印象に残っている出来事は、オアシスVSブラーの戦争。当時の大人気2大バンドが新曲を同日発売。この出来事について、本人たちの話が聞けるのはとっても貴重。ノエルは端から気にしてなかったみたいだけど、どっちかっていうと仕掛けた側のデーモンは思い出したくない過去みたい。
イギリスは、労働階級とか中流階級とか生まれた環境が人生に大きく関わってくる国のようなので、政治にも無関心ではいられない。彼らアーティストは政治の話もする。ちょっと驚きでした。

祭りの後は物悲しい。
オアシスの二人は、「そんなもん関係ねぇ」っていう感じだったけど、他の人たちは過ぎた日を思って、あの喧騒はなんだったんだろう?って感じてるのかな、と思いました。なかでも、ジャーヴィスは悲壮感さえ漂います。

あの当時リリースされたアルバムなんかをリアルタイムで聴いていたので、「なるほど、ふむふむ、そういうことだったのか」と理解できましたが、興味のない人にはさっぱりの内容だと思います(笑)
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。