スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邦画と洋画

日々の徒然など・・・と書いておきながら、最近映画の感想ばかりのブログになっているサシヒです。
「mixi」もやっているので、ホントの徒然はそっちになってしまう今日この頃、何とかしなければいけません!
「mixi」の日記をこっちのブログに誘導すればいいような気もしますが、せっかく別々にやっているので、それぞれ書いていきたいという気もします。
まぁ、なんとかなるでしょう。「mixi」やってない人は、こっちしか見れないわけだし。
もっといろいろなことを書いていきたいと、1周年を迎え思ってみました。

ある人に「最近ブログ、息切れしてるんじゃない?」って指摘されたので、ちょっと考えてみましたとさ。

さて、表題。
皆さんはどっちを観るのが多いですか?
僕は最近、邦画が多い気がしていますよ。
ま、そのときの気分によって違いますが、最近は邦画が観たい。日本に住んでいるサシヒとしては洋画は絵空事のような気がして、サスペンスやホラーは断然邦画のほうが現実味があって好き。身近な恐怖を感じるとでも言いますか、「すぐそこに・・・」的怖さが好きです。
逆に、SFは洋画のほうがいいね。
「どちらが素晴らしいか」というのではなく、「今どっちが観たい気分なのか」という問題。「いいもの」は国籍関係ないですから。でも、最近は洋画に手が伸びず邦画に傾いているというわけ。昔なにかで、奥田民生がビートルズの「赤盤」と「青盤」どちらが好きというわけではなく、「赤盤」がいいなと思って聴いていると「青盤」が聴きたくなる。「青盤」がいいなと思っていると「赤盤」が恋しくなる、と語っていましたが、そんな気持ちです。
で、今はたまたま「邦画な気分」なわけです。
本来、「洋画」「邦画」と分けること自体ナンセンスなのですが。

いつかも書きましたが、古い邦画の「質感」がたまらないのです。「犬神家の一族」なんかの独特のフィルムの古臭さ、色褪せ具合がたまらんのです。もっと古い時代の、着色したような「総天然色」映画とか僕の中ではこれぞ「映画」っていう感じなのです。もちろん、最近の映画も好きですが。
そういった、古い映画のDVDってなかなかレンタルで置いてないので、あると借りてしまう。「人間の証明」もそう。
でもって今日もそんな映画を借りてきた。「太陽を盗んだ男」。感想は後日。
スポンサーサイト

- 2 Comments

silver  

昔は、「洋画」しか見なかったのですが・・・。
最近は、邦画も、いい監督さんが、出てきてるからでしょうか??
面白いなと思えるように、なってきました。
昔の映画、亡母が、好きだった、小津安次郎監督&黒沢監督とか、よく幼いころ見せられましたけど・・・。汗
最近になって、そういう映画のよさが、わかるようになった気がします。

そうそう、遅れましたけど。。。1周年のお祝いです。おめでとうございます。ブログのほうも、楽しみにしていますので、更新がんばってくださいね♪

http://blog14.fc2.com/j/jasutin/file/sasihisann.jpg

2006/07/14 (Fri) 17:52 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

ありがとうございます!
サイドに飾らせていただきますね(^-^)V

2006/07/15 (Sat) 20:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。