スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽への目覚め

私は大学生の頃からバンドをやっていました。
それまでも音楽は好きだったけど、自分で演奏したりするようなことはありませんでした。
その私を果てしない音の世界へといざなってくれたのが「YMO」でした。

Yellow Magic Orchestra・・・
細野晴臣
坂本龍一
高橋幸宏
この3人に出会ったことが、その後の私の人生を大きく変えたのでした。その存在自体が面白く、常識を軽く超えてしまう3人。私の価値観の180度の転換でした。

高校生の頃YMOが「再生」して興味を持った私は、過去のYMO作品はもちろん、それぞれのソロ作品、過去に参加したバンドなど手当たりしだい聴きあさりました。
日本のロック、海外の偉大なミュージシャンなど、いろいろ知るにつれ自分でも演奏してみたいという欲求が高まり、ついにベースを手にすることになるのです。
ベーシスとになったきっかけはホント些細なことだったのだけれど、今では細野さんと同じベーシスとであることがとてもうれしいです。ベースを弾いていると自然に体が動いてしまいます。
また、何事にもマニアックな私にとって、やはりギターよりベースが合っているような気がします。

と、いうわけでYMOといったらとりあえずコレ
Solid State Survivor
B0000584HNイエロー・マジック・オーケストラ

おすすめ平均
starsYMO,テクノ,スネークマンの3つのキーワード
starsTechno
stars早く売ってくれ
starsかっこいんだからしかたない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

- 5 Comments

Koo  

はじめまして。

YMOいいですね。

しかし、最近のレコード会社のYMO商法にはちょっと・・・^^;

 http://www.ymo.org/

昔から聴いている者としては・・・。

2005/07/30 (Sat) 20:34 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

そのとおりでございます

最近に限らず、再生した頃も凄かったです。
YMOはオリジナルアルバムも販売するレコード会社が変わるたびに再発してますけど、それは仕方ないのかなぁ・・・
安くなって、リマスタリングとかしてあるんでちょっと悔しいです。

2005/07/30 (Sat) 21:02 | EDIT | REPLY |   

よじまま  

YMO

トラックバックして頂き、ありがとうございます。

私がYMOと出逢ったのは、もう24年前になります。
ちょうど音楽に感化されやすい中坊の頃で、LP(レコード)を買う小遣いもなかったので、FMから音をカセットに取って、うっとりしながら聴いてました。(古っ!)
大人になって、CDという文明開化な産物が登場してから買いあさり、今でも私の精神安定財宝になっております。
アルバムに優劣は付けがたいです。
が、メンバーの中で、教授もユキヒロさんも良いのですが、やっぱり「ほしょの」さんが大好きです。

「YMO」→●モ。"( ´,_ゝ`)プッ"自主規制ですか。だけど私の記憶の中には確実に残ってますよ。すねーくまんのブラックなこと・・・ふふふ。

YMOの話が出来て、とても嬉しかったです。
ありがとうございました(〃^ー^〃)

2005/08/03 (Wed) 15:16 | EDIT | REPLY |   

よじまま  

うんうん。ほしょの氏は、まさしく【天才】だと思います。さすがリーダー!
アルバムや曲を耳で比べると、どの曲に誰が力を入れているかが分かります。
ユキヒロさんはポップで遊び心満載。
教授は切なげに美しく。
そして、ほしょの氏は・・・何人たりとも、思いもつかない、考えつかない、重く染み入ってくる感じなんですよね。

お話していると、より愛しくなりますわ( *^。^* )

2005/08/03 (Wed) 19:59 | EDIT | REPLY |   

Cacao  

はじめまして。
長年の幸宏ファンです。blogに好き勝手ですが(笑)幸宏さんの記事を起こしたのでTBさせていただきました。
私の目覚めは幸宏さんなんですが、"このアルバムだけは、持ってた気がします(今、行方不明)。YMOの中では、かなり聴き易い気もしますし、実際に好きな曲ばかりです。私の目覚めた頃は散開間近だったのですが、それだけに、緊張の塊だったお三方が、少し解けた感じで、色々楽しませていただきました。

2005/08/25 (Thu) 22:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  高橋幸宏 ~ 私の音楽の源
  •  【ぼくはね カッコイイということを基準にした 物事のとらえ方に興味がある】… 幸宏さんのインタビュー(たぶん'80年代半ば)からとても、幸宏さんらしい言葉に感じて、折に触れて思い出す。
  • 2005.08.25 (Thu) 22:18 | 私を生かすRipple
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。