スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫にまつわる恐怖体験

虫は基本的に大嫌い

これからの時期(今もすでにそうだが)、暑い夜に網戸にしていても小さい虫が入ってくる。気づいたら、部屋にたくさんの小さい虫の群れが・・・
ヒッチコックの『鳥』なみに静かな恐怖が襲ってくる。

夏の夜は、コイツらとの戦いが待っている。


そんでもって、そもそもなんで虫が大っ嫌いなのかと思い返してみると、幼い頃庭の植物にでっかい青虫がいるのを見て泣いた記憶が・・・
それがトラウマになって、以来「虫」とくに「芋虫系」が怖いと。

カブトムシはまだ大丈夫なんだけど、幼虫は(ToT)

http://blog.fc2.com/trackbacks/?no=7
スポンサーサイト

- 2 Comments

ぴよた  

幼虫・・・
幼い虫と書いて幼虫・・・<当たり前。
哺乳類の幼い形体はかわいらしさを押し出して庇護欲かきたてるものなのに・・・
何であんなに虫の場合はきしょいのか・・・

小さい虫の群れも嫌ですねぇ(泣)
特に夏場道路に出現する蚊柱みたいなのに突っ込むと最悪ー。
きゃー!!

2005/07/06 (Wed) 09:35 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

コメントありがとうございます。
確かに、哺乳類はかわいいのに…

蚊柱もなんであんなところに、あんなに集まっているんですかねぇ。不思議。

2005/07/06 (Wed) 18:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。