スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬神家の一族

日本の製薬王といわれた信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛は、自分の死後の血で血を洗う葛藤を予期したかのような不可解な遺言状を残して他界した。犬神家の顧問弁護士、古館恭三の助手、若林は、莫大な遺産相続にまつわる一族の不吉な争いを予期して、金田一耕肋に助力を得るための手紙を送ったが、那須に着いた金田一と顔を合わさぬまま、何者かに毒入り煙草で殺害された。奇怪な連続殺人事件は、若林の死からその第一幕が切って落された。

角川映画の第一弾。
金田一役の石坂浩二、私の中では「ベスト金田一」です。次点は古谷一行。
石坂金田一シリーズは5作ありますが、これがいちばん好きです。
タイトルバックの文字が後に「エヴァンゲリオン」で流用されるなど、映像的にも見所は多いです。
ちなみに、原作どおりの着物姿で描かれたのはこの作品が最初です。それ以前は洋装で髪もきっちりそろえた姿が多かったようです。
時代設定は、昭和22年。京極堂シリーズと似たような時代です。今から約30年ほど前の作品なので、原作の時代に近いぶん、雰囲気が出ています。
原作と映画はちょっと違っている部分もありますが、市川昆監督の映像美も相まってとても美しく、恐ろしく、そしてユーモア溢れる作品になっていると思います。

佐清のあのゴムマスク姿、インパクトありすぎです。子供の頃怖くて観れませんでした。
佐清 金田一耕助 松子 横溝正史夫妻
出でいる役者さんたちもかなり豪華です。

ウチの母が推理小説大好きで、金田一モノもかなりありました。しかも、私がお腹にいるときに古谷一行のテレビ版の金田一を見てキャーキャーいっていたそうです。いわば私は生まれる前からの金田一ファンということになるでしょうか。(古谷金田一のテレビ版は初期のシリーズ物の頃はいい雰囲気です)
B00005HKPR犬神家の一族
石坂浩二 高峰三枝子 三条美紀 草笛光子

獄門島 悪魔の手毬歌 女王蜂 病院坂の首縊りの家 八つ墓村

by G-Tools
スポンサーサイト

- 7 Comments

ryu  

こんにちは~

石坂浩二の「金田一」シリーズ、大好きで映画館で観てます・・・原作のおどろおどろしい雰囲気も大好きです。(歳がバレバレ・・・(>_<))

この映画の前に、「蒼いけものたち」という題でTVドラマ化されたのを見た事があります。佐清のマスク姿がいまだに目に焼きついています。

映画だけのブログをつくりました。メロメロとこうさぎのお友達申請させていただいたので、どうぞよろしくお願いします。

2005/07/30 (Sat) 10:39 | EDIT | REPLY |   

silver  

本も怖い~(^_^;)

大学時代に、友達から、「金田一」シリーズを、借りて読んだのですけど・・・。とっても、おどろおどろしくて・・・。「怖い」の嫌いな私は、眠れなくなった~。この、写真の「石坂さん」とっても若い?!「黄門」さんの時とは、えらい違いですね。(≧▽≦)♪

2005/07/30 (Sat) 16:26 | EDIT | REPLY |   

みあ  

悪霊島

私も金田一シリーズの大ファンです。
映画もTVも本も全制覇しました。
鹿賀丈史主演の「悪霊島」では、主題歌にビートルズの「LET IT BE」が使われていましたが、一昨年、DVD化されるにあたって、著作権の問題で他のアーティスト(レオ・セイヤー)のカバー曲に差し替えられ、物議を呼んでいましたね。

2005/07/30 (Sat) 22:28 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

皆さん詳しいですね

勉強になります。

>ryuさん
そのドラマ知らないですぅ。金田一は誰だったんですか?

>silverさん
石坂さんは当時確か35歳くらいで、作中の金田一とも同年代だったはずです。

>みあさん
「悪霊島」、原作かなり好きでした。鹿賀丈史も意外とよかったですよね。

2005/07/30 (Sat) 23:03 | EDIT | REPLY |   

ryu  

そういわれると・・・

ヒロインが酒井和歌子でした。映画の雰囲気とはちがって、サスペンス物でした。設定もかなり変わっています。

今まで何も気にしてなかったのですが、「金田一さん」出てこないんです。あれれと思って、ネットで調べてきたら、金田一はやっぱり出てこないようです。

2005/07/31 (Sun) 22:14 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

なるほど

現在の金田一人気は、石坂浩二の映画からですから、それ以前だとだいぶ改変されているのかもしれませんね。
なんせ、最初に映画化されたときは、スーツ着て拳銃撃ってたらしいので。

2005/07/31 (Sun) 23:05 | EDIT | REPLY |   

面影草紙  

TBさせていただきました。
『悪魔が来たりて笛を吹く』について書いてます
やっぱり石坂金田一は最高ですね。
ぼくは意外と『病院坂の首くくりの家』も好き。
あと石坂版はどの作品もラストがいいですね
『犬神家の一族』のラストもいいけど
やっぱり『悪魔の手毬歌』のラストが秀逸ですね

2005/08/03 (Wed) 21:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  悪魔が来たりて笛を吹く
  • 今日はフジテレビの深夜番組の仕事。資料集め、取材など。今日は原チャリで六本木まで。帰りはさすがに疲れた。大阪から帰ってきてまだ一日しか過ぎていないがまた早く大阪に行きたい。大阪のことばかり考えている。仕事をしたくない病が始まった。とてつもなく仕事をしたく
  • 2005.08.03 (Wed) 21:37 | 面影草紙
この記事へのトラックバック
  •  『犬神家の一族』
  • 日本ミステリー映画史上の金字塔ともいえる『犬神家の一族』。信州の製薬王・犬神佐兵衛の死後、莫大な遺産の相続をめぐって一族の間の長年の確執が表面化。それに伴い、不可解な猟奇殺人事件が立て続けに起こる。遺産の相続条件を記した遺言状を保管する古館法律事務所の若
  • 2005.08.13 (Sat) 17:44 | 君と僕の無限空間
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。