スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬神家の一族(2006年版)

325321view001.jpg
(C)2006「犬神家の一族」製作委員会

信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は、腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘、野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残してこの世を去る。巨額の遺産が一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は金田一耕助(石坂浩二)に調査を依頼するが、ほどなく一族間で次々と殺人事件が発生する。(シネマトゥデイ)


旧作の「犬神家の一族」は、私の生まれた年の作品であり、私を映画好きにした張本人であり、なにより過去映像化された「金田一モノ」の中でもNO.1であると思っている作品です。

以前書いた「犬神家の一族」の記事

今回、監督市川崑、主演石坂浩二という夢のようなコンビで復活ということで楽しみにしていました。
でも、予告で現在の石坂金田一を見たときに一抹の不安を覚えましたが・・・。

そんなわけで今回観てきたわけですが、もうね、何ていうか、はっきりいってお祭り感覚です、私的には。作品の出来はどうでもいいんです。76年版はにはどうあがいても勝てませんから。
あのオープニングタイトルを、あの音楽で大きなスクリーンで観れただけで満足なんです。携帯電話というものが出始めた頃、あのタイトル曲を自分で作って着メロにしてたなぁ・・・。

この記事を書くにあたり、作品のレビューをいろいろ読んだんですが、まず、「死体が作り物過ぎてチープ」とか「笑いどころもそのまんまで、つまらない」とかありましたが、私はそれはそれでいいと思っています。「完全リメイク」ですから(笑)。「あぁ同じだ^^」っていう感覚が私には大事でしたので。いいんです、あれで。他にも、セットや背景、カット割りなんかも随所で「同じだ^^」感覚があって、私は楽しめましたよ。

そして配役なんですが、石坂浩二に関しては「やっぱ歳くったな」と(笑)。喋る場面では当時のまんまの声なんで一瞬リメイクということを忘れてしまいそうでしたが、走る場面、あれは痛々しい・・・。石坂さんは50代半ばの金田一というイメージで演じたらしいですが、私にとっては、あの映像(過去の作品と同じ風景)が出てきたら、やっぱり30代半ばの金田一なんです。そこが違和感ありましたね。
続いて松嶋菜々子の珠世さん、松嶋菜々子は好きなんですが島田陽子(もちろんあの当時のです)のほうがぴったりの気が。
他には、佐清。前は太りすぎだったが今回は若すぎる。松子夫人をはじめ、犬神家の面々は、やはり前のほうがインパクト大。例外としては、萬田久子は草笛光子演じる梅子に近くて私は好きでした。余談ですが、前作の草笛光子さんはとても綺麗ですね。あと奥菜恵の小夜子、今回のほうがいいです。押されて襖を吹っ飛ばして倒れるのが◎

その他の登場人物では、深田恭子のはるちゃん、あれは坂口良子に適うものはいません。三谷幸喜のご主人、ちょっと演技がトゥーマッチです。尾藤イサオの仙波刑事、普段リーゼントなので、あのボリュームのある髪型には笑った。林家木久蔵の柏屋亭主、三木のり平のほうがうまいです。中村玉緒の柏屋女房、前作の衝撃はありません(笑)。石倉三郎の藤崎鑑識課員、三谷昇に比べて粗野でめんどくさそうな感じです。中村敦夫の古舘弁護士、小沢栄太郎のなにか裏にありそうな感じが好きだったのに、今回はなにもありません。俳優の持ち味が違うといえばそれまでですが。

そして出ました、なんと前回と同じ役の加藤武&大滝秀治。お二人ともお歳を召したな・・・という感じでした。他にも、草笛光子&三条美紀の梅&竹が出演していたのも嬉しいです。

で、全体の感想としては上にも書いたとおり、私は大画面で観れただけで満足です。やっぱり前作が完璧です。以前にも書きましたが、私は古いフィルムの色や質感が好きなんです。同じ場面、同じ色、同じ役者でも30年前のフィルムの質感は出せないということでしょうかね。綺麗になり過ぎちゃって(-。-;)
暗い感じの前作の質感が、横溝世界にぴったりはまったんでしょうね。「病院坂~」くらいになると少し綺麗になって「犬神~」ほどは不気味じゃなくなってしまってますから。

最後に、音楽も前のほうがいいです。

76年版のDVD買おうかなぁ。
犬神家の一族 コレクターズ・エディション (初回限定生産)犬神家の一族 コレクターズ・エディション (初回限定生産)
石坂浩二 横溝正史 市川崑

金田一耕助の事件匣 市川崑×石坂浩二 劇場版・金田一耕助シリーズ DVD-BOX ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャル・コレクターズ・エディション (初回出荷限定価格) 僕たちの好きな金田一耕助 犬神家の一族 オリジナルサウンドトラック 犬神家の一族 下巻

by G-Tools

スポンサーサイト

- 2 Comments

silver  

お~~!!

こんばんは。
お久しぶりです♪
ここのところ、PCの不具合で、ご無沙汰しています。
観にいらっしゃったんですね~♪
感想、読んでたら、う~~ん、納得です♪
前回の作品、すっごく、よかったし。。。石坂さんも。。。若々しかったですよね~。
今回は、やっぱり、60歳過ぎて、あの走りは、ちょっと、「大丈夫??」って、(病気されてたし、)心配になりますね~。
まだ、観に行く事が、できないので・・・。気になってしまいます。。。汗
やっぱり、76年のほうが、いいんですね~。

2006/12/22 (Fri) 21:58 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

>silverさん
どうもです^^
この作品を観にいく人って、割合はわかりませんが、76年版が大好きって人がかなり多いと思います。
ので、どうしても昔の作品と比べちゃうと、当時の雰囲気その他諸々で76年版に軍配が上がっちゃうんですよねぇ(-。-;)

2006/12/30 (Sat) 18:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  犬神家の一族
  • 公開日 2006/12/16監督:市川崑 「犬神家の一族」('76)、「女王蜂」出演:石坂浩二/松嶋菜々子/尾上菊之助/富司純子/松坂慶子/萬田久子/深田恭子 他【あらすじ】日本の製薬王といわれた信州の製薬王・犬神佐兵衛が亡くなった。遺言状を管理する法律事務所の若林は、残...
  • 2006.12.21 (Thu) 21:48 | Good job M
この記事へのトラックバック
  •  「犬神家の一族」みた。
  • 横溝正史原作の「金田一耕助」シリーズ」は映画・TVドラマ等、様々に制作されてきたけれど、私の中では『市川×石坂』コンビがナンバーワン。1979年の『病院坂の首縊りの家』を最後に、このコンビでの「金田一耕助シリーズ」制作されることがなくなっ
  • 2006.12.21 (Thu) 22:49 | たいむのひとりごと
この記事へのトラックバック
  •  映画 『犬神家の一族』
  • 東京国際映画祭のクロージング作品。Bunkamura オーチャード・ホールで鑑賞。『犬神家の一族』  2006年原作 : 横溝正史監督 : 市川崑上映の前に授賞式とかがあってね、それですでにお疲れモード。その上、出演者と監督による舞台挨拶まであったもんだ
  • 2006.12.21 (Thu) 22:57 | Death & Live
この記事へのトラックバック
  •  犬神家の一族 
  • 製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 135分 監督 市川崑 原作 横溝正史 脚本 市川崑 、日高真也 、長田紀生 音楽 谷川賢作 出演 石坂浩二 、松嶋菜々子 、尾上菊之助[5代目] 、富司純子 、松坂慶子 、萬田久子 、葛山信吾 、池内万作 、螢雪次朗 、永...
  • 2006.12.22 (Fri) 05:07 | タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
この記事へのトラックバック
  •  犬神家の一族
  • 驚きと新鮮味は弱まったものの,演技派の俳優たちによるドラマが,さらりとしながらも味わいのある印象を残す。
  • 2006.12.22 (Fri) 11:55 | Akira's VOICE
この記事へのトラックバック
  •  感想/犬神家の一族(試写)
  • 御歳91!の市川崑監督セリフリメイク作『犬神家の一族』12月16日公開。信州の大富豪である犬神家の当主が死去。その驚くべき遺言が明かされたのを機に次々と殺人事件が起こる。どうする名探偵・金田一!?犬神家の一族オリジナルは1976年というから(もちろん未見)、30年ぶり
  • 2006.12.22 (Fri) 14:52 | APRIL FOOLS
この記事へのトラックバック
  •  『犬神家の一族』
  • 試写会にて、見てまいりました、『犬神家の一族』。 オープン間近な「シネプレックス枚方」のお披露目の意味もあって、ドリンクやフード付、しかも「王の男」とのダブル試写会と、普通とはちょっとちがった豪華さ。 でも……遠い、遠いよ、駅から!! しかも、駐車場は
  • 2006.12.30 (Sat) 14:27 | てぃーちゃーのプライベート
この記事へのトラックバック
  •  草笛光子
  • 草笛光子草笛 光子(くさぶえ みつこ、本名;栗田 光子、1933年10月22日 - )は、日本の俳優|女優。神奈川区横浜市出身。身長158cm、血液型はB型。妹は冨田恵子。作曲家の芥川也寸志は元夫。来歴・人物*虚弱傾向を克服するため小学生からバレエを始める。
  • 2007.08.18 (Sat) 09:47 | みなみのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。