スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌われ松子の一生

嫌われ松子の一生 通常版
嫌われ松子の一生 通常版中谷美紀 山田宗樹 中島哲也

おすすめ平均
stars何でもアリ?!
stars邦画関係者はこの記事を読んで奮起してほしい
stars極彩色のキャスト。悲劇を喜劇に変える元気がある。
stars微妙すぎ。
stars意外と。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるがごとく、始まっていく。愛を求める松子の前にはさまざまな男が現れるが、彼女の選択はことごとく不幸へと繋がってしまうのだった。53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥が見たものは?(goo 映画


いや~、面白かったです^^
これほど不幸な人生を、楽しくユーモラスに、しかもミュージカル仕立てで描いてしまうとは、「流石!天晴!」としか言いようがありません。
邦画ファンとしては、このような作品が生まれてくることが嬉しいです。
日本映画も捨てたもんじゃないです!

松子の転落のそもそものきっかけが、「まぁ自業自得だよなぁ」と思ってしまうので感情移入は出来なかったんですが、松子じゃなくても「なんでぇ~!」と言いたくなるほどの転落ぶりでした。
「一人は嫌!」と松子は言っていましたが、その気持ちはわかりますんで^^;その気持ちがダメ男に捕まってしまう原因なんでしょうねぇ。

キャスト、音楽、これらはかなりツボでした。
中でもBONNIE PINKの「LOVE IS BUBBLE」は最高でした。サントラ欲しいです。
中谷美紀もミュージカルシーンを楽しそうに演じているのがgood!
松子が愛する男たちも個性的な面々で、これまたgood!
いちばん笑ったのは、刑務所のなかで松子の妄想が膨らみ、荒川良々の顔がしだいにイケメンになっていくところ。
う~ん、とにかく配役が良かったなぁ。

同じ中島監督の「下妻物語」はまだ未見なので観てみようかなぁ^^

LOVE IS BUBBLE
LOVE IS BUBBLEBONNIE PINK Youichi Murata

ワーナーミュージック・ジャパン 2006-05-10
売り上げランキング : 40313

おすすめ平均 star
starSHOW GIRL!!!
starアカデミー主題歌賞があるのなら、BONNIEにこそ捧げたい。
starBONNIE PINK Feat.綾乃(from 嫌われ松子の一生)!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。