スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ〈特別編〉
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ〈特別編〉ロバート・デ・ニーロ ジョン・ポルソン ダコタ・ファニング

おすすめ平均
starsう~ん・・・・あまり大きく売り出さなければありでしょう
starsダメじゃん
starsちょっとこれは・・・
stars映画は推理小説にあらず
starsもはや"衝撃不感症"の我々には・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

父デイヴィッド(ロバート・デ・ニーロ)と娘エミリー(ダコタ・ファニング)に、彼らの妻であり母であるアリソン(エイミー・アーヴィング)が浴室で手首を切って自殺するという突然の悲劇が訪れる。それ以来、すっかり心を閉ざしてしまったエミリー。娘を癒そうと、心理学者であるデイヴィッドはニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町の、古く大きな一軒家に移り住む。しかしエミリーは、いつしか想像上の友達であるチャーリーと遊ぶようになっていった。そしてある深夜、浴室での物音に気づいたデイヴィッドは、クレヨンで殴り書きされた「彼女を殺したのはお前だ」という文字を見つける・・・goo 映画


いまさらながら言いますが、私が観る映画は「いまさら」というのが多いです。ご注意くださいw
このブログに何回かお越しの方はお分かりと思いますが、私は「サイコサスペンス」系といわれる映画がわりと好きです。ですので、この作品を観ている間、「オチはどのパターンなんだろう?」てなことを考えながら観ていました。
でもって、オチがわかったときには「あ、そうきたか、ふむふむ・・・」という感じでしたね。
よくあるパターンですw
私の予想とは違いましたけどね^^;

この映画、ロバート・デ・ニーロとダコタ・ファニングが出てなければB級作品扱いでもいいんじゃないの?ストーリーもありきたりっちゃぁ、ありきたりだし、オチも・・・
でも、二人の演技は良かったです。ダコタちゃんの不気味な無表情がgood。ただ、親子というには歳が離れてるんじゃないかなぁ。
隣の夫婦は怪しませるだけ怪しませといて、そりゃないでしょう・・・観客に真相をミスリードさせるという点では、まんまと引っかかったわけですが・・・

あと、「暗闇のかくれんぼ」というサブタイトルだか日本語タイトルだかはやめたほうがいいと思いますw
上の「おすすめ平均」のように星3つってとこでしょうかね。
スポンサーサイト

- 1 Comments

silver  

こんばんは。

こんばんは。
かなり、前に、見たので、はじめ、」内容が、思い出せなかった。。。
ということは、あまり、記憶に残っていないような。。。汗
最後の「どんでんがえし」っていうのですかぁ~。あれって、ありきたりかも。。。
ダコタちゃん、好きなんで、見たような。。。汗
ダコタちゃんは、ほんとに、天才ですわ~。

2007/02/08 (Thu) 20:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。