スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー
アヒルと鴨のコインロッカー伊坂 幸太郎

おすすめ平均
starsタイトルのセンス、好きです。
stars「ボブ・ディランの曲」を再生したら読み始めようか
starsこんな素敵な物語が書けるなんて!
stars時間を忘れるほど
stars騙される。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本来ならば今日は、今月で廃線になる「くりはら田園鉄道」に乗って、周辺の綺麗な写真でもupしようと思ったのですが、昨夜熱が38度も出たので断念。代わりといっては何ですが、一気に読んだのでこの作品についてでも。

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は――たった1冊の広辞苑!? そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!(東京創元社HPより)


伊坂作品は初めて読みました。
名前は知っていたのですが、最近読書から離れていて・・・
そんな私がこれを読もうと思ったのは、ずばり、
仙台が舞台で、なおかつ映画化される!
ということにつきます。
タイトルの不思議さと、あらすじの不思議さで、わりとコメディータッチの軽めの作品だと思って読み始めたらさぁ大変。
たしかに軽く一気に読んでしまいましたが、ラストの切ないこと悲しいこと。
途中で予想はついていましたが、いざ事実を突きつけられると切なさに胸がいっぱいでした。
おすすめですよ。

宮城出身で仙台にも住んでいた私としては、登場する場所について、「あぁ、あそこかなぁ~」「あのへんの雰囲気かなぁ」などと想像するのも楽しかったです。地方都市の住人は自分の町が小説や映画に出てくるだけでもうれしいのですよ。

原作を読んだので、あとは、5月から仙台での先行ロードショーで映画を観るだけです^^
どんな風になってるのかなぁ・・・



映画「アヒルと鴨のコインロッカー」公式サイト
スポンサーサイト

- 2 Comments

ハルキ  

おぉ〜

お久さです。
遂にサシヒさんも伊坂幸太郎を読みましたか〜!
良いですよね!『フィッシュストーリー』はまだ読んでないですが、既刊は全部読みました。
『砂漠』『終末のフール』とかマジ素敵です。
サシヒさんは『グラスホッパー』が好きそうかも?

映画を観たらレビューを書きあいましょう(笑)

2007/04/11 (Wed) 01:04 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

おぉ~
書きあうとも!
読んでみるとも!

2007/04/11 (Wed) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。