スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢見るように眠りたい

夢みるように眠りたい
夢みるように眠りたい林海象 佳村萌 佐野史郎

おすすめ平均
stars実に古臭く新しい。
stars失ったもの
starsいい雰囲気です
stars私の最も愛する映画です
starsサイレント日本映画の名作!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私立探偵・魚塚のところに、月島桜という老女から誘拐された娘の捜索依頼が舞い込む。依頼人の老女はその昔名女優とうたわれ、「永遠の謎」という未完成のままお蔵入りした活動写真に主演していた。調べが進むうちに魚塚は、娘の誘拐事件とその活動写真の筋書きの意外な関係に気づく…。

「私立探偵 濱マイクシリーズ」でおなじみの林海象監督のデビュー作。
主演の佐野史郎も、これが映画デビュー作。

この映画、モノクロ、そしてサイレントです。つまり、音が無い。
正確に言うと、若干の効果音や台詞の音声はありますが、基本的に台詞は字幕です。
しかも、昔のサイレント映画のように台詞は真っ暗な画面に文字がでる形式。
いつの時代の映画かわからない不思議な雰囲気です。
時代設定は、おそらく昭和の中ごろ。かなりノスタルジックですよ。

「濱マイク」を観たことある人なら、1作目の「我が人生最悪の時」みたいな感じ。

映画制作現場での経験が全くなかったのに、これを作ってしまった林監督は、そうとうな情熱があったのでしょう。
この作品のテーマも「映画」そのものということで、まさに、映画好きによる映画好きのための映画なのかもしれません。
あがた森魚が関係してるのも、マニアックな感じがしていいですw


余談ですが、この映画に私の叔父が関わっていまして、エンドクレジットにもちゃんと出てます^^

Powered by ScribeFire.

スポンサーサイト

- 2 Comments

通りすがり  

魚塚探偵の

孫、という裏設定を持つ探偵が出てくる(劇中ではそんなこと言ってないけど)同監督の最新作
「探偵事務所5」
もいい感じですよ

2007/04/25 (Wed) 10:24 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

通りすがりさん

その作品にはそんな裏設定があったのですか。
今度観てみます。
ありがとうございました。

2007/04/25 (Wed) 19:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。