スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂
ナイロビの蜂レイフ・ファインズ ジョン・ル・カレ フェルナンド・メイレレス

おすすめ平均
stars素晴らしい構成で、みせてくれます
stars愛で動く
starsけっこうハードな社会派サスペンス+本当の妻の愛
starsけっこう好きかも!!
stars搾取の構造

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それは、しばしの別れのはずだった。英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。「行ってくるわ」「じゃ 2日後に」それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに…。ジャスティンに事件を報せたのは、高等弁務官事務所所長で、友人でもあるサンディだった。テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺された。彼女は黒人医師アーノルドと共に、スラムの医療施設を改善する救援活動に励んでいた。今回もその一環のはずだったが、同行したアーノルドは行方不明、警察はよくある殺人事件として事件を処理しようとする…。goo 映画


公開時の宣伝文句では、ラヴストーリーのようにいってましたが、それと同じくらいの比重で社会派サスペンスです。
どっちの見方もできるってこと。

サスペンス部のカラクリは、テッサが事件にあうまでの物語を見てるとある程度予想できましたが、ジャスティンが一度ケニアを離れ、またケニアに戻ってくる過程が、さすがスパイ小説などで有名なル・カレの物語なんだなぁと思いました。

この監督の作品は初めて観たのですが、なかなかどうして私のツボにハマったようです。
砂漠の赤みがかった色と、それに対応するかのようなロンドンの青みがかった色。
ケニアでの人ごみの中の、まるでドキュメンタリーのようなカメラワーク。
けっこう好きでした。
音楽、とくにエンドロールは、結末の不条理さで観ている私の気分がちょっと落ち込んでいるのを癒してくれるような素晴らしいものだったと思います。

主演のレイフ・ファインズも好きな役者の一人なんですが、私ってこういう憂いを帯びた感じの顔の俳優が好きなようです。
レイチェル・ワイズも、気の強い真っ直ぐな女性を好演していて、やはりこの作品でアカデミー助演女優賞を受賞しただけのことはある演技でした。

小説、あるいは映画ですので、現実の事件を題材にしているといっても所詮フィクションなわけですが、この作品で描かれるアフリカの現状、そしてそれにつけこんで利益を得ようとする先進国家の姿は、現実社会のそれと限りなく近いのではないでしょうか。
そんなことを考えるきっかけを、この作品は与えてくれました。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。