スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tommy

製作年 : 1975年
製作国 : イギリス
1969年に発表され、ロック史上に ”ロック・オペラ” という新たなコンセプトを確立した金字塔的アルバム、ザ・フーの「トミー」の映画化。
The Whoが大好きで、「Tommy」も学生時代に聴いていたのですが、この度初めて映画版を観ました。
「ロック・オペラ」がどういうものか、簡単に説明しますと、いわゆる「コンセプトアルバム」なんですが、より中身が劇に近いものと私は解釈します。
歌詞はこんな感じです。

母親:坊やをアーニィおじさんと二人きりにしておいても
    いいかしら、あなた
    それでいいのかしら
    今夜は彼少し飲みすぎているけど
    いいかしら、あなた
父親:大丈夫だと思うよ、大丈夫だとも
                        ~大丈夫かい~

この作品を、ケン・ラッセル監督が映画化。全編歌で物語が進みます。セリフはほとんどなし。
主役のトミーは、ザ・フーのヴォーカル、ロジャー・ダルトリー。他のメンバーももちろん出演していますが、ドラムのキース・ムーンはアルバムでも演じた「アーニィおじさん」役でいい味出してます。
他に、エリック・クラプトン、エルトン・ジョン、ティナ・ターナーなんかが出演しています。

<あらすじ>
第二次大戦が終結しようとしていた頃、トミーは生まれた。父ウォーカー大佐は戦死し、母親のノラはやがてフランクと愛し合うようになり再婚した。三人は結構仲よく暮し始めた。ある晩、事件が起きた。戦死したと思っていたウォーカー大佐が奇跡的に助かり家に帰って来たのだ。フランクは重いランプのスタンドで力いっぱいウォーカーの頭をぶん殴り即死させた。彼はそれを目撃していたトミーに“お前は何も見なかったんだ、何もきかなかったんだ"といった。その日からトミーは耳も聞こえない口もきけない少年になった。“ぼくにさわって、ぼくを見てて、ぼくを感じて、ぼくを治して!"可哀そうなトミーの頭の中のその叫びを誰も聞くことはできない。
あるときトミーは鏡の中の自分が逃げようとするのを見て後を追った。いつの間にか廃車の捨て場にきたトミーは、そこで捨てられていたピンボールの台を本能的にたたき始めた。トミーの才能が花開き、その台はたちまち五彩の色に輝いた。トミーはピンボールのチャンピオンを打ち負かし、世界の花形選手となった…

トミー コレクターズ・エディション
B0002IJM2Wロジャー・ダルトリー ケン・ラッセル アン・マーグレット ロバート・パウエル

キングレコード 2004-09-08
売り上げランキング : 12,569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
キッズ・アー・オールライト ディレクターズ・カット完全版 ライブ・イン・ボストン ロックンロール・サーカス ザ・フー・ファイル ヴェガス・ジョブ:リユニオン・ライヴ・イン・ラス・ヴェガス 1999
ロック・オペラ”トミー”
B00006BGX1ザ・フー

ユニバーサルインターナショナル 2002-08-21
売り上げランキング : 20,129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フーズ・ネクスト+7 四重人格 ザ・フー・セル・アウト+10 ア・クイック・ワン+10 オッズ&ソッズ+12
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ザ・フー 60s (The Who)
  • マイ・ジェネレーション(デラックス・エディション)ザ・フー ユニバーサルインターナショナル 2002-09-11売り上げランキング : 3,092おすすめ平均Amazonで詳しく見る by G-Tools大ヒット・シングル「マイ・ジェネレイション」を含む1stアルバムに貴重な未収録テイクを数多く
  • 2005.08.23 (Tue) 11:17 | School of Rock
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。