スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユメ十夜

ユメ十夜ユメ十夜
小泉今日子, 松尾スズキ, うじきつよし, 中村梅之助, 実相寺昭雄

日活 2007-08-03
売り上げランキング : 7632
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

百聞の妻ツグミは「百年可愛がってくれたんだから、もう百年、待っててくれますか?」と言い残し死んでしまう。百聞は妻を待ち続けるが…(第一夜)。和尚に「侍なら悟れぬはずはない」と挑発された侍は…(第二夜)。身ごもっている妻から「子供の頃、地蔵の首を誤って落とした」と聞かされた漱石は、不気味な夢を見始め…(第三夜)“神隠し”があるという田舎町へ講演にやってきた漱石がそこで見たものは…(第四夜)。ほか6編。

「こんな夢を見た。」の書き出しで始まる10の小編をまとめた、夏目漱石の「夢十夜」。文豪が「余は吾文を以て百代の後に伝えんと欲する野心家なり」と記してから、ちょうど100年。巨匠から異才まで、現在の日本映画界が誇る個性豊かな監督陣が、この異色の短編集を映画化した。実相寺昭雄、市川崑に清水崇、西川美和と映画フリークにはたまらない顔触れが、漱石の原作を自由奔放な解釈で映像化。コメディあり、ファンタジーあり、演劇調あり、ホラーありとまさにバラエティ豊かな作品になった。また各話に登場する様々な漱石のイメージも、どれが彼の実像に近かったのだろう、と想像力を刺激する。


例によって、原作は読んでいませんが、この映画は監督や脚本家によってかなり脚色されているはずなので夏目漱石の原作のほうも読んで見たいと思います。
そしてなにより、10人の監督ですよ!しかも第一線の。
現代日本映画のカタログみたいです^^
実相寺昭雄はやっぱり実相時だし、清水崇はやっぱり怖いし、漫☆画太郎の脚本はやっぱり漫☆画太郎だし、とかなりバラエティーと個性に富んでいて、やはりクリエイターって凄いなぁ、って思いました。

第十夜がけっこう好きです^^

yume10_1.jpg yume10_2.jpg
yume10_3.jpg yume10_4.jpg


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。