スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀少年

001.jpg

ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その後、仲間の1人だったドンキーが殺され、事件の謎を解こうとケンヂは立ち上がる。しかし、「ともだち」によって、テロリストの汚名を着せられてしまい…。

「ビッグコミックスピリッツ」で約8年間連載された浦沢直樹原作の人気コミックを実写映画化。シリーズ3部作という構成と、邦画では異例の60億円という製作費を投入し、壮大なスケールのストーリーの映像化を実現させたのだ。映画化決定が発表されると、誰がどの役をやるのかという話題がネット上で白熱したが、3作を通して出演する主要キャストは約300名。第1弾となる本作は、ケンヂ役を唐沢寿明、オッチョ役を豊川悦司、ユキジ役を常盤貴子と実力派が揃った。その他、香川照之、宇梶剛士、宮迫博之ら芸達者が並ぶが、特に豊川悦司の存在感は見事。彼が登場することで荒唐無稽なストーリーによりリアリティが。女性も楽しめる娯楽作。goo 映画


映画「20世紀少年」観てきました!

各サイトのユーザーレビューなんかでは不評のようですが・・・

観終わったあとの素直な感想。
「なかなかいい!

最初、映画化が発表された時、正直「無理なんじゃね」と思っていましたが、キャストが決まり、ポスターなんかを見てるうちに
唐沢寿明がケンヂに、豊川悦司がオッチョに、常盤貴子がユキジに見えてきました。

内容も、原作では「血のおおみそか」の出来事は、後に回想として次第に明らかになってきたわけですが、そこらへんの複雑な構成を整理していて、とても見やすいなって思いました。
まぁ、冒頭から海ほたる刑務所がでてきて、オッチョが角田に真実を語る構成になってるので、原作どおりっちゃその通りなんですけども。

パンフの堤幸彦監督のインタビューで、
「映画を観た多くの人が、子どもたちが、ウルトラマンのポーズをしているカットで泣くそうなんですよ。」
って言ってましたけど、実は私も・・・。

何故なんでしょうね、なぜか目に涙があふれてしまいました。

「コミックの映画化ってのは、無理でしょ」って、いつもは思っていたんですが、これはいいと思います。
堤監督は「原作原理主義」って仰ってますが、うん、それがこの作品に関しては成功のカギでしょうね。

いやぁ、満足満足。

原作ファンは観とくべきだ!

そして、第2章は2009年1月31日。
今度はおそらく、○○○が○○○るのが判るとこまでかなぁ。(原作未読の方のために自主規制w)

追記
コミック買ってた人だったらわかると思いますが、サプライズが多いコミックでしたよね。
「ボブ・レノン」のCD付いてたりだとか。
なかでもマジでビビッてしまったのが、「ひみつ集会のおしらせ」です。
私の場合、かなり奇跡なタイミングで「はらり」と本から落ちてきたので・・・
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。