スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サディスティック・ミカ・バンド

久しぶりに棚から引っ張り出してきて聴いたので。

サディスティック・ミカ・バンド
日本のロック黎明期にその名を燦然と輝かせる伝説のバンドです。
以前書いたYMOからたどり着いたんですが、メンバーがまずスゴイ!

ヴォーカル&ギターは、加藤和彦。「オラは死んじまっただ~♪」で有名な「ザ・フォーク・クルセイダーズ」の中心人物。
ヴォーカル・パーカッション・その他の、ミカ。加藤和彦の奥さん。
ギター、高中正義。超有名なギタリスト。「ラブ・ラブ・オールスターズ」にもいましたね。
ベース、小原礼。福山雅治のプロデュースなんかをやっていました。
ドラムス、高橋幸宏。後にYMOのメンバーになります。

メンバーチェンジが激しいんで、他にもいろいろいるみたいですがこの人たちがメイン。ベースの小原礼が抜けた後に加入した後藤次利は「とんねるず」や「野猿」の作曲なんかで有名な人。

70年代初め、「ザ・フォーク・クルセイダーズ」を解散した加藤和彦は奥さんのミカとバンドをやろうと思い立ち、つのだ☆ひろと彼のバンドにいた高中正義を誘い、半分遊びでレコーディングをおこなう。ちなみにバンド名は、当時ジョン・レノンとオノ・ヨーコがやっていた「プラステッィク・オノ・バンド」のもじり。
その後メンバーが集まり、アルバム「サディスティック・ミカ・バンド」を発表します。みんな20代。高中、小原、高橋に至ってはハタチ。このアルバム、当時日本では誰もしらなっかたレゲエをやるなど、とてもポップで楽しいアルバムです。
そして2nd「黒船」。幕末を題材にしたこのコンセプトアルバムは、海外から大変なな注目を浴び、75年にはロキシー・ミュージックの全英ツアーでサポート・アクトを務め、イギリス全土にその名を轟かせる。日本人のバンドが海外でツアーを行ったのはコレが初めてのこと。

そのツアー終了後、加藤とミカが離婚してしまってバンドは解散。実質4年余りの活動で日本の音楽界に与えた影響はかなりのものだと思います。加藤和彦の、時代に敏感な感覚が生み出したバンドだといえます。イギリスのグラムロックのムーブメントに呼応したんですね。この人。

後に、ミカの代わりに松任谷由美や桐島かれんを加えて再結成もしています。
今聴いても楽しいですよ。

黒船
B00005HQL4サディスティック・ミカ・バンド

おすすめ平均
stars時代を超えた名盤
starsロキシー・ミュージックやピンク・フロイド
stars黒船に乗って、旅に出る
stars彼らの最高傑作です
stars日本のロック史に輝く名盤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サディスティック・ミカ・バンド
B0000566D9サディスティック・ミカバンド サディスティック・ミカ・バンド

おすすめ平均
stars高橋幸宏さんのドラムが凄い
starsとっても4トラックな音
stars日本語でロックやるひと必聴

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

- 4 Comments

キングあおぽん  

TBありがとうございます。

はじめまして。
サディスティック・ミカ・バンドは今聴いても斬新ですよね。私も大好きです。
また拙ブログにもお越しくださいね。

2005/08/10 (Wed) 08:51 | EDIT | REPLY |   

axis_009  

トラックバックありがとうございました。

こちらからも送らせていただきますね。よろしくお願いします。

2005/08/10 (Wed) 09:06 | EDIT | REPLY |   

Paul's Ricken  

こんにちは、トラバありがとうございました。
今後ともよろしくどうぞ!

2005/08/11 (Thu) 08:13 | EDIT | REPLY |   

Cacao  

TBありがとうございました。こちらからも送らせていただきますね。
久々に一枚だけあるベスト(あぁ、でも再生バンドの「天晴」もありました)を引っ張り出して聴いてみてます。幸宏さんのドラムもいいけど、高中さんのギターがかなりいいです!もうちょっと早く聴いておけば夏が機嫌良く過ごせたかも?

2005/08/26 (Fri) 23:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 4 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  黒船/サディスティック・ミカ・バンド
  • 黒船サディスティック・ミカ・バンド  元フォーククルセイダーズの加藤和彦率いる、当時日本のロック・シーンにおいて最先端のサウンドを聴かせたサディスティック・ミカ・バンドの2ndアルバム(1974)。グラム・ロック、ブギー、ファンク、フュージョンなどの要素も取り入
  • 2005.08.10 (Wed) 09:06 | OOH LA LA - my favorite songs
この記事へのトラックバック
  •  高橋幸宏 ~ 私の音楽の源
  •  【ぼくはね カッコイイということを基準にした 物事のとらえ方に興味がある】… 幸宏さんのインタビュー(たぶん'80年代半ば)からとても、幸宏さんらしい言葉に感じて、折に触れて思い出す。
  • 2005.08.26 (Fri) 23:57 | 私を生かすRipple
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。