スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライチ☆光クラブ

作者の古屋兎丸さんは、デビュー作の「Palepoli」の絵と内容に衝撃を受けて以来、大好きな作家さんです。
先日読んだ「ライチ☆光クラブ」が面白かったので、ブクログの機能を使ってご紹介。
ちなみに、下に載ってるレビューは僕が書いたやつね。

古屋 兎丸,東京グランギニョル「ライチ光クラブ」
太田出版
発売日:2006-06
古屋さんの絵は大好きです。この作品の元になっている舞台作品は全く知らないのですが、なんかこう、アングラな演劇の雰囲気はバリバリ伝わってきます。ライチは嶋田久作さんがやっておられたそうですが、まさにハマリ役だったと思います。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。