スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間前の出来事を少し(といっても、長文になった)

東北関東大震災の時、私はどこでどうしていたか。
1週間経ったので、少し書いておこう。

ご存知の方もいらっしゃるとおり、私は12日に東京は東中野で行われる予定だった、スター・ウォーズのオフ会に参加しようと思い、夜勤明けの11日新幹線に乗って東京へ向かいっていました。

福島駅では、山形新幹線との連結やらなんやらで、ちょっと停車するのですが、

ちょうどその時でした。揺れが来たのは。

最初は「なんだ?」って感じだったんですけども、揺れがいつまでたっても収まらない。少し後ろの席に乗っていたカップルの女の子のほうが泣き叫び始め、ホームを見ると人が立っていられない様子。新幹線自体もグラングラン揺れます。ホームの天井からも物が落ち始め、尋常ではないことがイヤでもわかりました。

もしかしたら、天井が落ちるか、ホーム自体が落ちるか。死んじゃうかもしれないな、と本気で思いました。
しばらくは新幹線の扉も開かず、乗客の不安は増すばかり。

しばらくして、駅の外に避難するように指示が出て、他の人達について避難しました。エレベーターは歪み、ホームの屋根はベコベコになっていました。

外へ出たはいいが、吹雪いておりとても寒い。
そこから2時間程、雪を避けるため駅舎の中に入ったり、揺れたら外へ避難したり、というのを繰り返していました。

そのうち駅員さんが、「運転再開は全く見通しが立たない。市内で歩いて帰れる人は、帰ってくれ、そうでない人へお知らせできる情報は何も無い」って感じのことを言い出しました。

福島に取り残される形になったのです。

実家からは一通だけメールが来てて、とりあえず大丈夫なことは確認しましたが、こちらがどこにいて、どういう状態なのか伝えられない。電話が通じなくなっていたので。
それで、駅前の公衆電話に並ぶことにしました。

やっと電話にたどり着いたときには2時間経ってました。

この電話待ちの時に幸運が。

前に並んでいた、同年代くらいの青年と話をするうちに、彼は山形の実家に結婚式に参加するために帰る途中で、その実家とは、私の親戚の近くの町だということがわかりました。
そして、後ろには、東京から山形大学の医学部に受験に行こうとしていた女子高生がいまして、たまたま家と電話が繋がったんでしょう、泣いています。
それを見かねた、前に並んでいる青年、
「自分の親が迎えに来てくれるかもしれない、山形まで乗せていこう」と。

私は、東京へたどり着くあても無し、かといって仙台を通過して家へ帰れるとは思えない(その時はすでに仙台がヤバいという情報は得ていた)。
ここは、思い切って便乗させていただこう、と。

青年は親と連絡がつき、福島まで車で迎えに来てくれるという。
私も一緒に乗せて欲しいとお願いし、快く了解を得、車が着くまで女子高生を含め3人で福島市内を、食料や電池などを求めて歩きました。もちろん、すでにありませんでしたが。

さらに2時間程経ち、青年の親が迎えに来てくれました。ご両親も快く乗せてくれて、一路山形を目指すことに。
米沢市に入ると、すごい吹雪でしたが、停電にはなっておらず、レストランも開いている。そこでご飯をご馳走になり、真っ暗な道を山形市目指して北上。

女子高生は事前に、泊まるホテルに連絡が付いており、そこに泊まれることになっていました。真っ暗なホテルに無事送り届け、次は私の親戚宅を目指してもらいました。

福島駅の時点でもその後も、結局家にも親戚宅にも連絡はつかず、アポ無しで親戚宅へ。
深夜2時ころになっていましたが、やっと親戚宅へ辿り着くことができ、遅くにもかかわらず迎え入れていただきました。

その後、そこで1日過ごし、13日になりました。

すでにガゾリンが手に入りにくく、叔父は私の家まで往復するのは難しい、と。
新庄まで送って行くので、そこからはタクシーを拾って戻って欲しいとのことでした。

新庄駅前でタクシーを拾い、とりあえず宮城県内の一番近い大崎市古川までお願いしました。
当初は、何台かタクシーを乗り継いでいかなければいけないかな、と思ってましたが、運転手の方は、昔トラックを運転していて、古川よりもっと実家近くの「瀬峰」という所まで行ったことがあるとのこと。なんとか道を思い出してもらいながら瀬峰まで来ると、「そのまま家まで行こう」と仰ってくれまして、
なんと、山形県新庄から宮城県登米市まで運転してくれました。


こうして、私は東京から帰宅予定だった13日に、無事家までたどり着いたのです。

ひとつ失敗したなぁ、ってことがありまして、福島から山形まで乗せてくださった青年のご家族の、名前住所を、親戚宅に着いた安堵感から聞き忘れてしまったんです。
もの凄くお世話になったのに・・・なんてことだ・・・
山形県朝日町というのは聞いたのですが・・・
ちゃんとお礼をしたかったです。
スポンサーサイト

- 2 Comments

ささぴー  

なんか前乗りをした事で
予期しない場所で地震に遭遇してしまって
結構責任感じてます

とにかくサシヒさん、ご家族も無事でよかったです。

初めて詳しく状況がわかりました
うまく言えないんですが
これからがもっと大変だと思いますが
お体に気をつけてください

2011/03/20 (Sun) 00:47 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

>ささぴーさん
全く責任を感じることないですよ。
元はといえば、私のわがままなので。

幸い、うちは内陸部なので被害も少なく、意外と普通です。かなり恵まれてる方だと思いますよ。

ご安心くださいね。

2011/03/20 (Sun) 22:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。