スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春デンデケデケデケ

製作年 : 1992年
製作国 : 日本

監督 : 大林宣彦
出演 : 林泰文
    大森嘉之
    浅野忠信
    柴山智加

<あらすじ>
1965年の春休み。四国・香川県の観音寺市。高校入学を目前に控えた僕、ちっくんこと藤原竹良(林泰文)は、昼寝の最中にラジオから流れてきたベンチャーズの曲「パイプライン」の“デンデケデケデケ~"という音にまさに電撃的な衝撃を受け、高校に入ったらロックバンドを結成しようと心に誓う。そうして浄泉寺の住職の息子・合田富士男(大森嘉之)(ベース)、ギターの得意な白井清一(浅野忠信)(リードギター)、ブラスバンド部の岡下巧(永掘剛敏)(ドラム)、そして僕(サイドギター兼ボーカル)と4人のメンバーが揃った。夏休みにそれぞれアルバイトでお金を稼ぎ、念願の楽器を購入、バンド名も〈ロッキング・ホースメン〉と決定、こうして本物の電気ギターの音が初めて町にこだました・・・

この映画、私がバンドをやろうと思ったキッカケになった映画です。
原作は、第105回直木賞を受賞した芦原すなおの同名小説。この小説を読んで、すごく面白いなぁと思っていたら映画化されていたので観たんです。しかも、大好きな大林監督作品。
メッセージなんかないです。
ベンチャーズに衝撃を受けた高校生が、バンド始めて、音楽の楽しさや、淡い恋なんかをしながら高校生活を送る。コメディタッチで。そして甘酸っぱく。
それだけです。
でも、それだけでOKでした。
主人公の「ちっくん」のように、大学に入ったらバンドやろう!と誓ったのでした。(観た・読んだのは高校のとき)
そこには、映画と同じような今までとはまったく違った世界が広がっていました。この映画は、私にとっては宝物なんです。

でも、
客観的に観ると、あんまりたいしたこと無いです。
原作を、良く言えば忠実に、悪く言うとなぞっただけ、という感じで淡々と描いています。けっこうダラダラかも。私はそこが好きなんですが。
青春映画でもあり、また音楽映画でもあるので、60年代の洋楽・邦楽のヒット曲がたくさん出てきます。そのほかのオリジナルの音楽は、久石譲。他の大林作品でも音楽つけています。
あと、今ほど有名になる前の浅野忠信が出てます。全然雰囲気が違います。純朴そうで可愛いですよ。

大林作品は好きな作品が他にもあるので、それはまたいずれ・・・

B00005HXXN青春デンデケデケデケ デラックス版
林泰文 大森嘉之 柴山智加

私家版 青春デンデケデケデケ さびしんぼう 転校生 ふたり デラックス版 廃市 デラックス版

by G-Tools

4043446012私家版 青春デンデケデケデケ
芦原 すなお

角川書店 1998-07
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原作は、最初に出版された版と「私家版」があるんですが、私が読んだのはエピソードなどを削った初版のほう。

スポンサーサイト

- 3 Comments

axis_009  

こんにちは。
この映画は原作と共に興味はありながらも、いまだ未見なんですよ。でも、やっぱり面白そうだなぁ。原作を読んでから映画を見たほうが良いんでしょうね。
ちょっと今度チェックしてみよう。(^^♪

2005/08/18 (Thu) 15:03 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

コメント遅くなりましたが、ほろ苦く、そしてさわやかな気持ちになりますよ。

2005/08/19 (Fri) 22:44 | EDIT | REPLY |   

ノリゾ  

またまた、今さらなのですが

ラストのメンバーとの
別れが 切ない。つらい。

しかし うらやましい。

その気持ちが深いのは
燃えた時を共有した友が
いたから

ですから。

2006/09/21 (Thu) 23:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  青春デンデケデケデケ
  • 主演林泰文、大森嘉之、浅野忠信、永掘剛敏、佐藤真一郎、柴山智加監督大林宣彦脚本石森史郎製作1992年、日本エレキに燃えた青春地方都市を舞台に、ロックバンドを結成した高校生たちの青春を描いた作品。1965年、香川県観音寺市。高校入学を控えた藤原竹良(....
  • 2005.08.29 (Mon) 22:17 | a story
この記事へのトラックバック
  •  青春デンデケデケデケ
  • 「青春デンデケデケデケ」舞台は、1960年代後半、四国は香川の観音寺町。ロックバンドに情熱を燃やす高校生たちの姿を描いている秀作。若者の行動、思いとか、いつの時代も普遍的な部分に共感、懐かしくなった。 藤原竹良(林泰文)は、ラジオから流れてきたベンチャー
  • 2005.10.02 (Sun) 22:04 | わたしの見た(モノ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。