スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナインスゲート

製作年 : 1999年
製作国 : スペイン=フランス

<あらすじ>

ニューヨーク。腕利きの稀覯書発掘人である本の探偵ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)は、悪魔の研究家としても名高い収集家ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)の依頼を受け、1666年発表の伝説の悪魔祈祷書『影の王国への九つの扉』を探すことに。世界に3冊しか現存しないというこの本の1冊を入手したバルカンは、コルソに残る2冊を見つけて真贋を鑑定してほしいというのだ。法外な報酬もあって引き受けたコルソだが、その日から彼には謎の女(エマニュエル・セイナー)と共に怪しい影がつきまとう。スペインに飛んだコルソは、この本を売ったセニサ兄弟(ホセ・ルイス・ロペロ)という老書店主から、本の秘密の鍵を握るのが悪魔ルシファーの署名入りの挿絵の版画だと教えられた。秘密を手中に入れた者は悪魔に会えるというのだ。ポルトガルのシントラに住むファルガス、パリのケスラー男爵夫人が持つ残る2冊を調べたコルソは、版画がどれも少しずつ違うことに気づくが、ふたりは相次いで殺された・・・(goo映画より)


ジョニー・デップ関係ということで。
以前観たんですけど、結構好きでした。
ミステリ好きとしては、「本の探偵」というのも面白かったし、なにより、伝説の悪魔祈祷書『影の王国への九つの扉』に関する謎というのがとってもワクワクでした。

監督がロマン・ポランスキーということで、途中から『ローズマリーの赤ちゃん』みたくなってきますが、まぁよし。
最後もかな~り気になる終わり方でした。

DVDで観たのに、TVでやったときも観ちゃった。それくらい好きです。と、いうよりかは、1回見ただけではよく分からなかった(^_^;)
原作のアルトゥーロ・ペレス・レベルテ『呪のデュマ倶楽部』も出版された当時気になった本だったのでそのうち読んでみようかな。
ナインスゲート デラックス版
B00006AUWCジョニー・デップ ロマン・ポランスキー

おすすめ平均
stars映像美
stars手の込んだミステリー物ですよ。
stars耽美的だ
starsがっかり
stars映像お楽しみ度大

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

呪のデュマ倶楽部
4087732568アルトゥーロ ペレス・レベルテ Arturo P´erez‐Reverte 大熊 栄

集英社 1996-11
売り上げランキング : 247,081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
フランドルの呪画(のろいえ) サンタ・クルスの真珠 ナインスゲート フェイク―マフィアをはめた男 フーコーの振り子〈下〉

文庫版のタイトルは「ナインスゲート」なのね・・・(;´д`)
スポンサーサイト

- 7 Comments

silver  

タイトル未入力

この映画見ましたよ~~v-291
ちょっと、映像が、なんというか・・・。文学でいうと「太宰治?!」
ジョニデのくたびれたような、今までと違う役も面白いし・・・。
いかにもポランスキー好みの女優さんは、出演してるし・・・。
謎解きも面白かったよね。
でも、最後は・・・。(_ _*)ありゃ?!でしたが・・・。

2005/09/14 (Wed) 08:37 | EDIT | REPLY |   

ぴよた。  

映画って

ぴよたは滅多に見に行かない出不精なんで知らなかったッす(藁

でも凄く解説見てて面白そうだなv-238って思いました。
映像美に耽美に手の込んだミステリーに・・・
そしていくつか並んだ心惹かれる固有名詞に(笑)!!

でも一つ難点が・・・
コレ、怖かったりしますか(泣?
ぴよた凄く怖がりなんで一人で見れないんですよ(藁。
・・・何年も前の話ですけど、「灰暗い水の底から(タイトルあんまり覚えてない)」も一人で見れなくて、
結局ツレ等と行ったんですが・・・怖くて寝れませんんでした(泣)。
「呪怨」とか「リング」シリーズ、「感染」とかなんてCMですら見れません(藁。

・・・・・是非怖くないかだけ教えてくださーい。
怖かったらツレ巻き込んで見よーと企むんで★

2005/09/14 (Wed) 09:07 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

コメントありがとうございます

>silverさん
確かに最後は「んー」って感じでしたね。
この映画、全体の雰囲気が好きです。
記事にも書きましたが、謎ときがワクワクでした。

>ぴよたさん
「怖さ」って人それぞれなんで、自分の基準でしか言えませんが、「呪怨」とか「リング」とかのホラーの怖さは無いと思います。
でも、悪魔儀式のおどろおどろしさとか、死体の描写とかはちょっとショッキングかもしれません。心配だったら誰かと観た方がいいですよ。
ミステリが好きで、耽美好きならオススメですよ。

2005/09/14 (Wed) 20:20 | EDIT | REPLY |   

ぴよた。  

おー・・・。

ならばリア友を道連れに(藁。
じゃぱにーずホラー系は・・・想像しちゃって駄目なんすよ(笑。
でも悪魔儀式系はもぅばっちりふぃっと★っすから!!

お勧めありがとー★
・・・でも最後は「んー」なのね(藁。
了解です。。覚悟しときますー

2005/09/17 (Sat) 18:05 | EDIT | REPLY |   

がじゅー  

TB&コメント有難うございます

はじめまして。
こんななんの変哲もないブログですが、気が向いたらまた来てください。

2005/09/29 (Thu) 00:31 | EDIT | REPLY |   

Genken  

タイトル未入力

はじめまして。
TBさせていただきます。

この作品は、ラストがちょっとといいう意見が多いですね。
私は、割と好きなんですが・・・
映像が美しいというか、妖しい雰囲気が出てるのでとても良かったと考えています。

それでは失礼します。

2005/10/17 (Mon) 18:47 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

タイトル未入力

>Genkenさん
はじめまして。
ブログにお邪魔させていただきました。
X-ファイルがまた観たくなってしまいました。

2005/10/17 (Mon) 20:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ナインスゲート
  • 久々の鑑賞です。どこのレンタル店にもホラーコーナーにある作品。しかしこれはホラーか?サスペンスコーナーに置いてほしいものです。 やっぱり良いな~、この作品。この映画出す雰囲気が好きです。理解するのが難しい後半30分もこの作品であれば"あり"と言
  • 2005.09.27 (Tue) 12:50 | ★☆★ Cinema Diary ★☆★
この記事へのトラックバック
  •  ナインスゲートを見てみた。
  • 前回書いたように、出かける気分じゃないので、家でDVDを見ました。その1:ナインスゲートジョニー・デップ扮する「本の探偵」(世の中には珍しい仕事があったものです)ディーン・コルソは、バルカンという裕福な古本コレクターから、自分の持っている本の....
  • 2005.09.29 (Thu) 00:34 | 今日のがじゅーさん(表)
この記事へのトラックバック
  •  ナインス・ゲート
  • ジョニーデップ主演のオカルトホラー(1999年・フランス/スペイン) 禁断の書と言われる“悪魔の書”を手にした書物ブローカーに起こる迷宮的恐怖を描く。ロマン・ポラスキー監督作。 世界中の希少本を探す、書籍の探偵コルソ(ジョニーデップ)。彼はある富豪の依頼を受
  • 2005.10.17 (Mon) 18:47 | モルダーの独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。