スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレット・ウィンドウ

制作年:2004年
制作国:アメリカ

監督:デビット・コープ
原作:スティーブン・キング
出演:ジョニー・デップ
   ジョン・タトゥーロ
   マリア・ベロ
   ティモシー・ハットン

あらすじ

作家のモート(ジョニー・デップ)は、妻エイミーとの離婚協定に疲れ果て、執筆に専念できず怠惰な日々を送っていた。ある日、モートの暮らす森の別荘に、シューター(ジョン・タトゥーロ)と名乗る男が現れ、「俺の物語を盗んだ」と言い出した。その内容は、モートの小説「秘密の窓」に瓜二つだった。モートは、この小説がシューターの執筆より3年も前に発表されたことを告げるが、シューターは、「結末を直し、俺の名前で出版しろ」と言い捨てる。その夜から、シューターの執拗な警告が始まった…。 (goo映画 より)


「チャーリーと~」以来、ジョニー・デップが気になりだしたので、とりあえず最近の作品を観てみました。
タイトルバックで湖からモートの別荘にカメラが寄っていって、部屋の中に入り鏡に写るモートの姿にどんどん近づいていくのですが、ココでまず違和感が。なんかおかしい。鏡の中の姿だよな?う~ん。
と、思った人はそのことを覚えていてくださいね。実はコレがこの作品の大きな伏線。
最初、ただのストーカーものかな?と思って観ていたら最後にかなり驚かされました。この構成自体に上の伏線が大きな役割を果たすことになるんですよ。観てのお楽しみですが。

そして、なんといってもジョニー・デップの演技が素晴らしい。ちょっとくたびれたところなんかは、「ナインス・ゲート」のコルソにも通じるところがある。どちらも「本」に関係しているし。後半、あることで豹変したときの「目」、本気で怖かったです。「シャイニング」のジャック・ニコルソン並に。それだけでも、演技の素晴らしさが分かると思います。
あと、シューター役のジョン・タトゥーロ。この人の存在感もすごいです。不気味な捉えどころのない存在。すべてのシーンで「今にも出てくるんじゃないだろうか」と思えてきて、こちらも怖かった。

この映画、当然はじめは主人公であるモートに感情移入して物語を追って行くことになるんですが、だんだん誰に感情移入してよいのかまったく分からなくなってしまいます。混乱してきます。モートは、妻を他の男に寝取られ離婚、作品もまったく書けない。おまけに訳の分からない男に突然とんでもない言いがかりをつけられる始末。誰もがこの哀れな主人公に感情移入することと思います。それがいきなり裏切られ、今まで憎たらしく思っていた人物が実は・・・
どうです?混乱しそうでしょう。フフフ・・・

決して後味は良くないのですが、それでも観て損はない作品だと思いますよ。
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
B00064LI8Sジョニー・デップ スティーヴン・キング デビッド・コープ

おすすめ平均
starsありふれた結末
starsドキドキ感が良かった
starsスティーヴン・キングは凄い
starsこんな別荘に棲みたい!
starsカメレオン俳優

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ところでみなさん、DVDって本編の他に「メイキング」とか副音声で「解説」とかついてますよね?アレって見たり聞いたりしますか?
私はほとんどの場合すべて見聞きしてしまうので、1本観るのにかなり時間がかかってしまうんですよ。
スポンサーサイト

- 3 Comments

silver  

こんばんは♪

DVDの副音声の解説、結構、面白いです♪
「世にも不幸な物語」では、ジム・キャリーのギャラが、高くて、「マスク2」に、出なかったことを、「助かったよ~。出てくれなくて、ギャラ高いし~」などと、ちょっと、皮肉ぽいような?解説はいってました~♪v-290
メイキングも、時々ですけど、見ますよ~。「シルミド」とか、脚本家さんが、いろいろ、「語って」て、面白かったです。v-291
どうせ・・・。私・・・暇ですから~~。(/_;)見れるんですけどね~~。面白くない映画の場合は、そこまで、見ませんね~。
この、「シークレット・ウインドウ」って、ジョニデの演技いいですよね。それに、小道具が、凝ってますね~。あの、小汚いガウンって、捨てられた元妻のなんですよ~。ヨレヨレなのに、それを、着てる夫の「未練がましい心境」・・・。妻の家をうかがう夫・・・。
女性からしたら、かなり、ストーカーみたいで、気味悪いですね~。だからなのかな?!ジョン・タトゥーロさんも、「不気味」。不気味が、どんどんエスカレートしていって・・・。v-12
TBさせていただきますね。m(__)m!!

2005/09/25 (Sun) 23:53 | EDIT | REPLY |   

サシヒ  

なるほど

副音声は、聞きたいんですけどなかなか時間がない(ToT)
「シークレット・ウィンドウ」も半分で返却。
メイキングといえば、スター・ウォーズのトリロジーBOXの特典DVDが面白かったです。大満足の内容でメイキングなんか、旧3部作のそもそもの着想の頃から語られます。長いけど(^_^;)
やっぱり、こういった特典がDVDのいいところですよね。

あと、モートの妻に対する未練、分かる気がします。昔ふられた相手の家の前を通るたび・・・
われながら「ヤバイッ」って思いました。男のほうが引きずるんですよね。

2005/09/27 (Tue) 21:56 | EDIT | REPLY |   

がじゅー  

こんにちは。

DVDの副音声は、あんまり聞いたことありません。裏話とか入っていたりするんでしょうか?メイキングなどの特典映像は楽しいのでよく見ますけど。

僕はこの作品見ていて、シューターとモートのやりとりに違和感があったんですよ。モートの行動にも。で、途中で分かってしまいました。
モートが出てくるシーンは必ずモートの主観でしたから、エンディングも、「モートにとってのハッピーエンド」。他の登場人物は誰一人納得していないのは面白いなあと。

そうそう、男の方が引きずるんですよねぇ。

2005/09/30 (Fri) 01:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  シークレット・ウインドウ
  • タイトルシークレット・ウインドウ見た日にち2004年10月27日監督名 デビット・コープ 出演者 ジョニー・ディップ、ジョン・タトゥーロ、マリア・ベロ、ティモシー・ハ
  • 2005.09.25 (Sun) 23:55 | シルバーの映画日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。